ヘアドネーションの髪の毛の送付について重要なお知らせ

こんにちは。

八柱店の木下です。

今回はヘアドネーションの公式JHD &Cの方から重要なお知らせが届きましたのでそちらを読み当店もその方針に従う為、仕様の変更についてのブログとなります。

ここからは公式の文の掲載になります。

2020年7月1日より、下記の通り休止致すこととなりました。

◯サロンさま経由の髪の毛の送付
◯返信用封筒の送付(受領証申請の代行)

いずれも賛同サロン登録の有無に関わらず休止致します。

今後は、ドナーさまの髪はお預かりにならず、ドナーさまご自身で送っていただきますようご案内いただければと存じます。(送り方は、ホームページの「髪の毛の送り方」ページをご案内して差し上げてください)

*なお、今月中(6月末日)は、これまでにお預かりになられた毛髪の寄付、及び返信用封筒(受領証)の対応を受付ますので、お早めにお送りください。

━─━─━─━─━─━─━

ヘアサロン(理美容師)の皆さまには、ヘアドネーションカットの技術提供ならびに、ヘアドネーションチャリティのご案内、サロン独自のボランティアとしての髪の毛送付代行などに多大なお力添えを賜り、ここに改めて感謝の気持ちをお伝えさせてください。誠にありがとうございます。

しかしながら、サロンさまによるヘアドネーションの送付代行と返信用封筒(受領証)対応の休止に踏み切ることとなりました。理由は、ドナーからのお問合せが非常に多く寄せられたことによります。

最も多いお問合せは、下記の内容です。

●「髪の毛をいつ送ってくれたのか分からなくて不安」
●「返信用封筒を預けたのに受領証が何ヶ月経っても届かない」

ドナーさまに「サロンに不信感を抱いた」「心を込めて何年もかけて伸ばしたのに残念、悔しい」……そのような思いをさせてしまうことは、私どももサロンさまも決して望んでいない事態です。

また、多忙なサロンワークの合間に理美容師さまがドナーの髪を1人分ずつパッキングしたり、ドナーシートや返信用封筒の代行をされたり、なかには切手代までサロンさまが負担されているケースもあるとのこと。

そこで、『ドナーさまご自身によるドネーションヘアの送付』という送付方法に統一することで、お問合せやトラブル、サロンの負担を減らせたらと考えております。

JHD&Cのヘアドネーションチャリティの原点・出発点は、レシピエントさま、ドナーさま、JHD&C賛同サロンさまが、それぞれの役割を担うことで、

「頭髪の悩みで日常生活に不便を感じている子どもに無償提供の医療用ウィッグがあることを知ってもらいたい」
「ウィッグを必要としている子どもたちに少しでも喜んでもらえたら」
「素晴らしい活動に技術を通して協力できて良かった」

このようなあたたかいお気持ちを共有していくただくことを目指しております。

━─━─━─━─━─━─━

最後となりますが、これまでの皆さまのお取組に対してこのような決定をせざるを得ないこと、誠に心苦しい限りではございますが、なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

どうぞ今後とも、ヘアドネーションのカットという技術力の発揮・提供というかたちでご協力いただき、ヘアドネーション活動が一時のブームではなくごく自然なチャリティとして続いていきますよう皆様のご協力を賜れましたら幸いです。

[追記]
ヘアドネーションに関する情報をホームページやメールで発信しております。今後は、これまで以上に技術的・専門的な情報の共有もしていけるよう準備しております。レシピエントさま、ドナーさまとのコミュニケーションにもお役立ていただけることと存じます。

NPO法人 Japan Hair Donation & Charity

とのことです。

大変長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。

簡単にまとめると当店では、髪の毛のヘアドネーションカットはいままで通りに行っていくのですが、当店から髪の毛の送付が出来なくなりお客様にお持ち帰りいただいて送ってもらうという形になりました。

何か気になることなどございましたらお気軽にご相談下さいね。

ではonestでお待ちしております。